ダイヤモンドカップ19年大会は5月開催で、優勝者には全英オープン出場権付与

2018年9月22日14時46分  スポーツ報知
  • ダイヤモンドカップ会場で来季の大会概要に関する会見が行われた

 ◆男子プロゴルフツアー アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ第3日(22日、埼玉・武蔵CC笹井C=7060ヤード、パー71)

 同大会の会場で主催者らによる会見が行われ、来年大会からの優勝者に7月の海外メジャー、全英オープンの出場資格が与えられることが発表された。期間は2019~21年までの3年間で、ダイヤモンドカップの開催時期も5月に変更となる。

 来年は5月9~12日に千葉県印西市の総武CC総武Cで行われ、優勝者は北アイルランドのロイヤルポートラッシュで7月18~21日に行われる全英オープンに出場できる。

 会見に出席した全英オープンの主催者であるR&Aのアジア太平洋地域統括ディレクター、ドミニク・ウォール氏は「優勝者を(全英オープンに)迎え入れることを楽しみにしている。アジアパシフィック・ダイヤモンドカップはアジア太平洋地域を代表する大会。さらに盛り上がることを期待している」とコメントした。

ゴルフ
注目トピック