大会2勝の上田桃子が首位浮上

2018年11月3日13時23分  スポーツ報知
  • 1番、ギャラリーの歓声に応える上田桃子

 ◆米女子プロゴルフ協会公式戦 TOTOジャパンクラシック第2日(3日、滋賀・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)

 最終組が10番を終了した。15番までにスコアを6つ伸ばした大会2勝の上田桃子、今季米ツアー賞金ランク2位のミンジー・リー(オーストラリア)が9アンダーで首位に立っている。8アンダーの3位に、畑岡奈紗、小祝さくら、申ジエ(韓国)らがつける。

 7アンダーの8位にテレサ・ルー(台湾)、李知姫(韓国)がいる。首位から出た世界ランク3位の柳簫然(韓国)は6アンダーの12位に後退し、永峰咲希と並んでいる。米賞金ランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、大会2連覇中のフォン・シャンシャン(中国)は3アンダーの26位としている。

ゴルフ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)