原英莉花が、8番でイーグルを奪うなど4アンダーで単独首位…最終組がハーフターン

2018年12月7日11時58分  スポーツ報知
  • 1番ティーショットを打つ前、コースを見つめる原英莉花

 ◆女子プロゴルフ新人戦 加賀電子カップ最終日(7日・千葉グレートアイランドC)

 今年のプロテスト合格者21人で最終日が行われ、最終組がハーフターンした。首位スタートの原英莉花が、8番パー4でイーグルを奪うなど、通算4アンダーで単独首位を守っている。2位は、7位から出た172センチの長身美女・脇元華が、スコアを4つ伸ばし、3アンダーでつけている。3位は、首位スタートの河本結と三ケ島かなが2アンダー。3位から出たプロテスト1位通過のエイミー・コガは、1アンダーで渋野日向子と並んでいる。7位から出た8月のCATレディースでツアー初優勝を飾った大里桃子は、1オーバーパーで、シェー・ユーリン(台湾)と並んでいる。

 この大会は、過去に横峯さくら、上田桃子や森田理香子らが優勝したトッププロへの登竜門的なもので、2日間にわたって行われる。

ゴルフ
注目トピック