大会2勝の松山英樹が2017年8月以来の米ツアー公式サイトの優勝予想1位に!

2019年1月29日14時35分  スポーツ報知
  • 松山英樹

 米男子プロゴルフツアーの公式サイトは28日、フェニックス・オープン(31日開幕)の優勝予想「パワーランキング」を発表し、2016年、17年を連覇した松山英樹(26)=LEXUS=が1位に推された。

 理由を「昨年は親指と手首のけがで第2ラウンドで棄権に追い込まれた。第1ラウンドは69だった。17ラウンドの平均スコアは67・41。(前週の)ファーマーズ・インシュアランスオープンは3位タイ」などとしている。

 世界屈指の精度を誇るアイアンショットが復調し、前週、約1年半ぶりに3位に入ったことで「HIDEKI MATSUYAMA」への注目が高まっている。フェニックス・オープンはツアー屈指の好相性大会で、14年から5度出場し、4位、2位、優勝、優勝、棄権の成績となっている。17年8月の世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待以来のツアー6勝目へ期待は膨らむ。

 松山がこの大会で優勝候補筆頭に挙げられるのは、17年以来2年ぶり。米ツアーでは17年8月の全米プロ以来となった。フェニックス・オープンの優勝予想2位は、世界ランク6位のジョン・ラーム(24)=スペイン=となっている。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック