松山、左打ちピンチを脱出 暫定53位発進

2019年3月16日5時30分  スポーツ報知
  • 16番でボールを打つ松山英樹(共同)

 ◆米男子プロゴルフツアー プレーヤーズ選手権第1日(14日、米フロリダ州TPCソーグラス)

 6年連続出場の松山英樹(27)=LEXUS=は、16番パー5の第2打を左打ちでピンチを脱するなど4バーディー、3ボギーの71と踏ん張り、1アンダーの暫定53位発進。小平智(29)=Admiral=は74の2オーバー暫定104位と出遅れた。65で回ったトミー・フリートウッド(英国)とキーガン・ブラドリー(米国)が暫定首位。タイガー・ウッズ(米国)は70の1アンダー暫定35位。日没のため、1人が競技を終了できなかった。

 強風の初日は前半の10番で約10メートルのロングパットを沈め、バーディー発進。「いつぶりか分からないけど、とてもうれしかった」とうなずいた。16番パー5では第1打を左に曲げると、木の根元に落下したため、第2打は珍しい左打ちでピンチを脱出。第2日も強風を警戒し「風がどうなるか分からないけど、少しでも伸ばしていけたら」と前を向いた。

ゴルフ
注目トピック