馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 小倉

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

2018年8月16日12時40分  スポーツ報知
  • 2016年のオークスでチェッキーノ(左)は勝ち馬シンハライトを追いつめ2着に入った

 2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。

 公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。

 同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。

 父キングカメハメハ、母ハッピーパス(父サンデーサイレンス)。通算7戦3勝。重賞はフローラSの1勝。

競馬
注目トピック