馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【テレ玉杯オーバルスプリント】TUBEの前田亘輝オーナーのノブワイルドが重賞初V 次走はJBCスプリントへ

2018年9月24日16時40分  スポーツ報知
  • 1着になったノブワイルド(右)
  • 「TUBE」の前田亘輝

  ◆テレ玉杯 第29回オーバルスプリント・交流G3(24日、浦和・ダート1400メートル、稍重)

 12頭(JRA4、南関東7、他地区1)によって争われ、4番人気のノブワイルド(牡6歳、浦和・小久保智厩舎、左海誠二騎手)が先頭に立ってそのまま押し切り、重賞初タイトルをつかんだ。馬主はバンド「TUBE」の前田亘輝さん。2着に2番人気のオウケンビリーヴ、3着に9番人気のトーセンハルカゼが入った。

 左海誠騎手(ノブワイルド=1着)「自分のペースで行けて、理想通りの展開になりました。(ゲート内で少し暴れたが)戻った(落ち着いた)ところでゲートを切られて、うまくスタートができました」

 小久保智調教師(同)「JBC(スプリント・交流G1=11月4日、京都)一本で行きます」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)