馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【スプリングS】ユニコーンライオンは11着 松山「ゲートで座り込んでしまって…」

2019年3月17日17時13分  スポーツ報知
  • 11着のユニコーンライオン(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第68回スプリングS・G2(3月17日、中山・芝1800メートル、良)

 皐月賞(4月14日、中山)トライアルは、3歳牡馬16頭によって争われた。

 10番人気のエメラルファイト(美浦・相沢郁厩舎、父クロフネ)が直線での競り合いを頭差制して、重賞初制覇を決めた。騎乗していた石川裕紀人騎手(23)=美浦・相沢厩舎=は、17年のラジオNIKKEI賞(セダブリランテス)以来の重賞勝利となった。勝ち時計は1分47秒8。

 2着はメンバー唯一の重賞2勝馬だった1番人気のファンタジスト(武豊騎手)。7番人気の3着、ディキイシーナイト(石橋脩騎手)までに、皐月賞の優先出走権が与えられた。

 松山騎手(ユニコーンライオン=11着)「ゲートで座り込んでしまって、出ない形になってしまった。前に行ってて、しぶとさを生かす競馬をしたかったが、できなかった」

 野中騎手(フィデリオグリーン=12着)「中団でついっていって、イメージ以上に頑張ってくれました。これから休むので、秋以降さらに良くなると思います」

 三浦騎手(リーガルメイン=13着)「ゲートを出て寄られたぶん、後ろになってしまった。これからよくなる馬です」

 丹内騎手(コスモカレンドゥラ=14着)「4角で手応えがありませんでした」

 大野騎手(リバーシブルレーン=15着)「新馬で乗った時より成長を感じましたけど、イレ込みがきつくて影響しました」

 黛騎手(カラテ=16着)「格上挑戦で、どこまでやれるかというところだった。道中ですべってしまった。自己条件に戻ってですね」

競馬
注目トピック