本田圭佑、カンボジア代表GM就任 実質的な監督 選手兼任も「クラブも理解」

2018年8月13日6時0分  スポーツ報知
  • カンボジア代表のGMに就任したことを発表する本田圭佑(右から2人目=(C)HONDA ESTILO)

 カンボジア・サッカー連盟は12日、ロシアW杯日本代表MF本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が同代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任したと発表した。契約は2年。同代表の監督には本田の個人アシスタントがGM就任会見登録され、本田は実質的な監督として指揮を執るという。選手兼監督を異なるチームで務めるのは極めて異例。本田はこの日、プノンペン市内で会見し、カンボジアサッカーのスタイル確立に意欲を示した。9月10日の親善試合マレーシア戦(ホーム)でベンチ入りする予定。

 ロシアでW杯優勝を目指す戦いを完結させた本田が前例のない挑戦を始めた。メルボルンVの選手としてオーバーエージ(OA)枠での東京五輪出場を狙いつつ、カンボジア代表の総監督として同国サッカーの発展、同国の魅力発信に努める。「私にとって初めての監督業。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」。プノンペン市内で会見後、早速、スタッフ会議を行った。

 本田は指導者ライセンスを有していない。そのため、個人でアシスタント契約し、アルゼンチン協会が発行するライセンスを持つフェリックス氏(30)が監督として登録。本田は主にテレビ会議などでチームを編成し、ベンチで指揮を執るという。報酬は「移動費をみていただくだけ」と本田。2年契約が延長される可能性もあるという。

 初陣は9月10日の親善試合マレーシア戦(プノンペン)となる。メルボルンVのリーグ戦開幕は10月20日のホーム・メルボルンC戦。本田は「クラブも理解を示し、協力的に動いてくれると思う」とベンチ入りする予定。各国の1部リーグ戦が中断される国際Aマッチ期間はカンボジア代表に合流できる見込みだ。22年カタールW杯アジア予選で日本と対戦する可能性もある。

 ロシアW杯後、実質的オーナーを務めるカンボジア1部ソルティーロ・アンコールがあるなど関係が深いカンボジア連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問して、オファーを受けた。同じチームの選手兼監督は多いが、異なるチームでやるのは極めて異例。本田は「こういう形の契約は世界のどこを見ても初めてだと思う」と燃えている。15日にはメルボルンVの入団会見をオーストラリアで行う。サッカー選手、経営者、投資家など、さまざまな顔を持つ男はますます忙しくなる。

 ★本田に聞く

 ―どうカンボジアサッカーを良くする?

 「カンボジアのサッカー選手の特徴は日本と似ているので、ボールポゼッションとディフェンスのハイプレスは高められると思っています」

 ―カンボジアの選手をどう見ているか。

 「世界トップクラスの選手を見てきているので、カンボジアの選手はまだまだ成長しないといけない。ただ、(日本代表として)カンボジア代表と試合をした時に若くて素晴らしい選手がたくさんいた。日本も1998年に初めてW杯に出て20年ですが、まだ苦しんでいます。そこに追いつけ追い越せで精進していく」

 ―抱負を。

 「日本人である私がここに来て、カンボジアのサッカースタイルを作る。カンボジアの魅力を世界に伝える。これは非常に大きな意味があると思っています。国と国がいい関係をつくりあげる。また、第三国にまでいい影響が広がると私は確信しています」

 ◆カンボジア代表 1953年にFIFA加盟。FIFAランキングは166位でW杯出場はなし。主な選手は17年にJ3藤枝でプレーしたFWチャン・ワタナカ(24)=B・アンコール=。アジア杯はクメール共和国時代の1972年に出場し4位。19年大会は予選で敗退した。日本とは18年ロシアW杯アジア2次予選で同組となり、15年9月3日に埼玉で0―3、11月17日にプノンペンで0―2で敗れた。本田は2試合とも得点している。プロ1部リーグは本田が経営参画するソルティーロ・アンコールなど12チームが参加。

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)