大迫勇也、右でん部違和感で練習欠席…次戦の出場に暗雲垂れ込む

2019年1月12日6時8分  スポーツ報知
  • 日本代表の練習を次の対戦国・オマーンのスタッフとみられる人物がスタンドから撮影していた(カメラ・竜田 卓)

 ◆アジア杯1次リーグ第2戦 オマーン-日本(13日、ザイード・スポーツシティスタジアム)

 日本代表は11日、アブダビ近郊でオマーン戦(13日)に備え、練習を行った。FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が練習を欠席。日本協会によると右でん部に違和感を覚え、宿舎で調整しているという。大迫は同じ場所の痛みで、6日の練習から全体練習に合流したばかりだった。

 初戦のトルクメニスタン戦(9日)でフル出場し、2得点を挙げたが、森保一監督(50)は「別メニュー調整していて、もう少し展開に余裕があれば代えていた」と明かしていた。次戦の出場に暗雲が垂れ込めた。

サッカー日本代表
注目トピック