【金沢】31歳・清原、初ゴールで連勝導く「目指すは乾」

2018年7月7日5時0分  スポーツ報知
  • 31歳初ゴールに意欲を見せる金沢・清原

 J2ツエーゲン金沢は7日、ホームで山口と対戦する(午後7時、石川西部)。6日は非公開で最終調整。中2日での3連戦最後となる後半戦初戦で、今季2度目の連勝を目指す。

 リーグ戦42試合を折り返し、現在7勝6分け8敗と負け越し、勝ち点27で22チーム中14位となっている。今季は昨季の勝ち点49(17位)から勝ち点60への上積みが目標で、後半戦は前半戦以上の成績が必要となる。

 1日のアウェー・岡山戦(3△3)、4日のアウェー・甲府戦(3〇1)と上位勢に1勝1分けと好調。過密日程だが、MF清原翔平(31)は「きついけど、欧州の強豪チームがやっている日程を体験できるいい機会」と前向き。「チームとして、キャンプからフィジカル的な準備ができていた。夏場も持続できれば」と、走り負けない戦いぶりに胸を張った。

 ロシアW杯で2得点と活躍した日本代表MF乾貴士(30)=ベティス=が2016年オフに古巣のC大阪を訪れた際、当時在籍していた清原も一緒に練習した。6月25日に誕生日を迎えた背番号7は「目指すは乾ですね」と1学年下のアタッカーに刺激を受け、“31歳初ゴール”で七夕の白星に貢献する。(竹内 竜也)

国内サッカー
注目トピック