【鹿島】ベルギー完全移籍の植田、相棒・昌子に「これからはライバル。超えていきたい」

2018年7月13日14時38分  スポーツ報知
  • チームの全体練習を見つめる日本代表DF植田直通(

 ベルギー1部のセルクル・ブルージュへの完全移籍で基本合意している日本代表DF植田直通が13日、鹿島の練習に参加し、移籍発表後初めて報道陣の取材に応じた。

 植田は「いきなりでしたが、W杯の期間中に話を頂いた。世界と戦うために成長が必要だと思った」と話し、「鹿島に5年半いたので寂しさもあるが、この寂しさを乗り越えて、プレーでも人間的にも向こうで揉まれて成長したい」と意気込んだ。

 さらに鹿島のセンターバックの相棒・DF昌子源にも言及。「源くんのことはこれからも意識し続ける。これからはチームメートとしてではなくライバルとして。超えていきたいです」と語った。

 植田はこの日、リーグ戦再開となる18日の磐田戦(ヤマハ)に向けたチームの全体練習にフル参加。14日まで鹿島の練習に参加し、15日に離日する予定となっている。

国内サッカー
注目トピック