【札幌】福森晃斗、古巣・川崎撃破誓う「ホームで勝ち点3を奪いたい」

2018年7月17日7時0分  スポーツ報知
  • 浮き球を左アウトサイドで処理するDF福森(右)

 J1北海道コンサドーレ札幌DF福森晃斗(25)が、得点に直結する働きを見せ、W杯中断明け初戦を勝利で飾る。札幌は16日、ホーム・川崎戦(18日)に向け、宮の沢で調整した。先発出場が確実な福森は「ホームでできるので。ゴールなり、アシストなりを決めて、勝ち点3を奪いたい」と必勝を期した。

 “予行演習”は終えた。16日のW杯決勝で、優勝したフランスの先制点は、同じ左利きのMFグリーズマンのFKから生まれた。相手DFに当たって記録はOGも、「スピードが出ていたし、あの高さはベスト」と感服した一発は、脳裏に焼き付けた。今季はまだないFKでの得点へのヒントにもする。

 過去4引き分け14敗の川崎は、2014年まで所属した福森の古巣になる。「多くの選手の特徴は分かっているから」。川崎討ちは、自らの左足で果たす。(砂田 秀人)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)