【C大阪】浦和から加入の高木が古巣に先制弾

2018年7月22日23時15分  スポーツ報知

 ◆明治安田生命J1リーグ第17節 C大阪1―1浦和(22日・長居)

 C大阪は22日、ホームで浦和と対戦し、1―1で引き分けた。

 今季、浦和から完全移籍で加入したMF高木俊幸が前半8分、MFソウザの左CKが相手のクリアミスなどでこぼれたボールを左足で冷静に決め、先制点を奪った。今季5点目。昨季は優勝したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で1得点したが、リーグ戦は12試合無得点に終わった。

 高木は「(浦和では)タイトルをとったり、いい思い出もありますけど、試合に思うように出られず、悔しさもありました。セレッソでやっていて、(浦和から)点を取れたことは素直にうれしかったです」と話した。

国内サッカー
注目トピック