【清水】今季3度目連勝!北川PK先制&ドウグラスがデビュー弾

2018年7月23日5時30分  スポーツ報知
  • 後半20分、デビュー戦ゴールを決めるドウグラス(左)

 ◆明治安田生命J1リーグ第17節 G大阪1―2清水(22日・吹田S)

 清水エスパルスはG大阪に2―1で競り勝ち、今季3度目の連勝をマークした。前半27分、FW北川航也(21)が2戦連発となる先制PK。後半20分には新加入のFWドウグラス(30)がデビュー戦で貴重な追加点を決めた。

 表情に揺らぎはなかった。前半27分、自ら倒され獲得したPK。北川は右足で冷静にミートした。J1自己ベストを更新し、チームでも最多となる今季7点目が決まった。「PKをもらったシーンを含め、練習でやっている形が出せたのは自信になる」と胸を張った。

 過密日程でも今季欠場なし。試合の中日には六反と共にヨガを使ったストレッチ教室に通い、コンディション維持に努める。「サッカー以外の動きから学ぶこともある。(体の)可動域が広がります」と高い向上心で進化している。

 後半20分には清水デビューのドウグラスが北川の右クロスを頭で放り込んで加点。いきなり片りんを見せた助っ人は「調子が良くなったらもっと貢献できるよ」と笑った。17試合を終え7勝3分け7敗の勝ち点24、8位で折り返し。北川は「続けないと意味がない」と28日の横浜M戦で3連勝を誓った。(武藤 瑞基)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ