【鹿島】名古屋戦へ調整…気温32度の“酷暑予報”も永木「もう1試合も落とせない」

2018年8月10日19時53分  スポーツ報知
  • 練習を見つめる鹿島・大岩剛監督

 暫定6位の鹿島は10日、茨城・鹿嶋市内で最下位・名古屋戦(11日・豊田スタジアム)に向けた最終調整を行った。

 日本気象協会によると、会場の豊田市は名古屋戦開始時刻の午後6時に気温32度の予報。豊田スタジアムは熱がこもりやすい形状にあり、チケットは全席完売で観客による熱気がスタジアムを覆うことも想定される。FW鈴木優磨も「あそこは相当暑い」と苦笑いを浮かべた。

 連戦をこなす中での“酷暑予報”。運動量の低下が懸念されるが、大岩剛監督は「試合に向けたコンディション作りに重点を置いてきた」と自信を示した。

 名古屋は最下位ながら2連勝中と勢いに乗る相手。2試合ぶりの先発復帰が濃厚なFW土居聖真は「(名古屋は)前回の対戦から半分以上メンバーが変わっている。(試合の)入りが大事になる。相手選手の特長をつかみながらやることが大事になる」。左MFで先発が有力なMF永木亮太は「勝たなきゃいけない順位。もう1試合も落とせない」と闘志を燃やした。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)