【札幌】宮吉、雪辱期す!前節9戦ぶり出場も「全然ダメ」…19日F東京戦

2018年8月17日6時5分  スポーツ報知
  • 雨天のため、室内でトレーニングするFW宮吉(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌FW宮吉拓実(26)が、雪辱を胸に期した。

 15日のアウェーG大阪戦で、宮吉は後半30分から9試合ぶりにピッチに立った。勝ち点1上積みに貢献したが、一夜明けた16日、その口からは反省の言葉が続いた。「みんなきつい中でも自分より走っていたのに、ゲームに入れず、前へのパワーを出せなかった。個人的には全然ダメ」。満足の思いは一切なかった。

 ただ下は向かない。「またチャンスがもらえるように頑張るしかない」と宮吉は口元を引き締めた。G大阪戦では右サイドで起用されたが、シャドーの位置では今季初先発となった4月14日の柏戦でゴールと、結果を出している。

 同位置のMF三好がアジア大会出場のため不在の今、宮吉の存在は、上位に生き残るためには不可欠になる。「もう一度、練習から積み重ねていきたい」。19日のF東京戦(札幌ド)で最高のプレーを見せるべく、屈辱を糧に、自己を高めていく。(砂田 秀人)

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)