【札幌】都倉賢、J1ホーム150点&クラブ最多タイ70発へ「歴史変える」

2018年8月19日6時5分  スポーツ報知
  • ループシュートを放つFW都倉(右)

 J1北海道コンサドーレ札幌FW都倉賢(32)が、2つの歴史に名を残し、4戦ぶり勝利へと導く。札幌は19日、札幌ドームでF東京と対戦する。18日に宮の沢で行われた最終調整後、都倉が自らこう切り出した。「1点目が150点になるんですよね。早いうちに決めないと」。18日時点でチームのJ1でのホーム通算得点は149。クラブの通算1000得点などを決めてきた自称「節目がち」な男が、今回も主役の座を奪う。

 前節15日G大阪戦では後半ロスタイムに3試合ぶりのゴールを決め、1―1の引き分けに持ち込んだ。勝ち点を上積みする劇的弾にも「先制されると難しくなる」と内容で上回りながら勝ちを逃した結果を踏まえ、先手の大切さも感じ取った。「まず0―0の時間帯を長くして、自分たちの流れにしていければ」。均衡を破るチャンスを逃さぬように、神経を研ぎ澄ませていく。

 目標としてきた自身の記録も見えている。2014年の札幌加入から決めた得点は18日現在で68。97~98年に所属したFWバルデスが持つ最多記録の70点まで、あと2に迫っている。「歴史は変えていかないといけないから」。節目ゴールに続き、トップに並ぶ得点を都倉が決めれば、5月5日以来のホームでの白星が見えてくる。(砂田 秀人)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)