【神戸】リージョ新監督が就任 会見にはイニエスタ、ポドルスキも出席

2018年9月17日16時9分  スポーツ報知
  • 神戸の新監督に就任し、会見に臨んだフアンマヌエル・リージョ監督

 神戸は17日、就任したフアンマヌエル・リージョ氏(52)の新監督就任を発表。リージョ氏は神戸市内で就任会見を行った。会見には楽天の三木谷浩史会長(53)をはじめ、元スペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表FWポドルスキをはじめとした選手全員も参加する異例の形で行われた。

 リージョ監督は「日本のサッカーに前から興味を持っていました」と語り、特に日本代表チームに興味を持っていたことを明かした。その中で「日本人選手の技術の高さと、関係性のある基準に基づいて行われていると感じました。モデルがすでに存在している中で、クオリティーのある選手がいる。前提条件があるからこそ、私が導入したいと感じているフットボール観が導入しやすいと感じました」と神戸の監督を引きうけた理由を説明した。

国内サッカー
注目トピック