【横浜M】敵地で磐田に2―1で勝利…DF山中が無回転ミドルで決勝弾

2018年9月22日18時4分  スポーツ報知
  • 前半、先制ゴールを決めた横浜M・遠藤

 ◆明治安田生命J1リーグ第27節 横浜M2―1磐田(22日・ヤマハ)

 横浜Mは敵地で磐田に2―1で勝利。2試合ぶり白星で、残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。

 先制したのは横浜Mだ。前半8分。MF遠藤が、MF大津のロングボールを丁寧に右足で合わせ、先制。その後も横浜Mは攻勢を仕掛けたが、追加点を決められず。

 後半に入ると、リズムが一変し、磐田が逆襲。同23分。元日本代表MF中村の右足でのスルーパスからDF桜内を経由し、最後はFW川又が頭で押し込み、同点とした。

 両チームとも終盤までに交代枠3枚を使用。一進一退の展開が続く中、同41分、横浜MのDF山中が無回転のミドルシュートを沈め、接戦をものにした。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ