【札幌】河合が今季初出場へ再スタート 40日ぶり合流

2018年10月3日6時0分  スポーツ報知
  • 競り合いの中、ボールキープするDF河合(左)

 J1北海道コンサドーレ札幌DF河合竜二(40)が今季初出場へ、再スタートを切った。8月23日に右太もも裏を肉離れした河合が2日、札幌ドームホヴァリングステージで行われた練習に加わった。40日ぶりに約1時間半、ミニゲームなどを消化。「自分がやれるのは状態を上げること。1日1日、追い込んでいきたい」と更なる向上を目指す。

 昨年11月18日の清水戦で左足ひ骨骨折などで戦線離脱。6月21日には練習に完全合流するまで回復したが、再び別メニューを余儀なくされた。今年2度目の復帰にも「6月に戻った時より状態はいいので。ここから集中してやりたい」と感触は悪くない。今季のリーグ戦は残り7試合となったが「自分としては復帰目標は設定しない。ここから頑張っていくだけ」と焦りはない。真にチームの力となれる態勢作りだけを目標に、チーム最年長は自己を高めていく。(砂田 秀人)

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ