【浦和】槙野、4連勝で気持ちよく代表へ「残り6試合、全部勝つつもりでやる」

2018年10月6日6時0分  スポーツ報知
  • 仙台戦に向けてルイス・ヘッドコーチ(左)から指導される浦和DF槙野智章(中)と橋岡大樹

 浦和の日本代表DF槙野智章(31)が5日、7日の仙台戦(ユアスタ)で1対1を制して今季最多の4連勝を誓った。

 「勝って気持ちよく代表に行きたい」。3バック布陣を採用する同士の対戦で「個の勝負が多く見られると思います。それが内容と結果に関わってくる。(相手の)前線にボールが入ってきた時、しっかりつぶしたい」と、いい守備からいい攻撃につなげる。前節の柏戦で今季2度目の3連勝を飾り、来季のACL出場権を獲得できる3位の鹿島まで勝ち点差4。「残り6試合、全部勝つつもりでやる」と鼻息は荒い。

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)