【金沢】今季初3連勝で残留確定 MF金子2試合連続ゴール

2018年10月8日6時5分  スポーツ報知
  • 金沢・金子

 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 徳島0―3金沢(7日・鳴門大塚)

 ツエーゲン金沢は、敵地で徳島に3―0で完封勝ちし、今季初の3連勝を飾った。残り6試合で、勝ち点を昨季と並ぶ49に伸ばし、順位は14位から11位に浮上。J3降格圏の21位・熊本、22位・讃岐に上回られる可能性がなくなり、残留が確定、J1昇格の可能性も残した。

 前半ロスタイム49分にFW杉浦恭平(29)が先制弾を決め、後半41分にMF金子昌広(27)が2試合連続ゴール。同ロスタイム48分にはDF庄司朋乃也(21)がプロ3年目で初得点を挙げ、8日の誕生日を自ら前祝いした。次戦14日のホーム・松本戦(午後2時、石川西部)で、昨年7月以来の4連勝を目指す。

国内サッカー
注目トピック