【G大阪】今夏加入のMF小野瀬のJ1初ゴールで6連勝 J1残留へ大きく前進

2018年10月20日17時24分  スポーツ報知
  • 後半41分、勝ち越しゴールを決めたG大阪・小野瀬

 ◆明治安田生命J1リーグ第30節 G大阪2―1横浜M(20日・パナスタ)

 G大阪はMF小野瀬康介(25)の決勝ゴールで、横浜Mに2―1と勝利した。今夏J2山口から加入した小野瀬は、これがJ1初ゴール。G大阪加入後の10試合目で挙げた待望の初ゴールが、チームを6連勝に導く貴重な得点となった。

 3バックで挑んだこの試合、前半36分に先制を許し、ハーフタイムには日本代表GK東口が負傷交代するアクシデントもあった。しかし後半26分、後半に投入されたFWアデミウソンのパスから、こちらも途中投入の韓国代表FW黄が決めて同点に。さらに同46分、DF藤春のクロスに小野瀬が合わせて勝ち越しに成功した。

 小野瀬は今季J2山口で半年間で10ゴールを挙げ、今夏宮本恒靖監督(41)が獲得を熱望したアタッカー。ヒーローインタビューでは「ずっと(点を)取れないかと思って心配していたんですけど、すごくいいボールが来て取れて良かったです」と満面の笑みを浮かべていた。

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ