【鹿島】キルギス代表に容赦なき完勝!DF安西「鹿島が強くなるためには若手が頑張らないと」

2018年11月18日9時24分  スポーツ報知
  • キルギス代表との練習試合に臨んだ鹿島
  • 鹿島との練習試合に臨んだキルギス代表

 ◆練習試合 鹿島2―0キルギス代表(17日・カシマスタジアム)

 鹿島は17日、日本代表との国際親善試合(20日・豊田スタジアム)が控えるFIFAランク90位のキルギス代表と練習試合を行い、2―0で勝利した。

 前半だけで13本のシュートを放つなど試合を支配。MF遠藤康のFKをDF犬飼智也、MF田中稔也が頭でつなぎ、最後はDF小田逸稀が押し込んで先制に成功した。後半は鹿島ユース所属選手5人が出場したが得点を許さず、終了間際にMF前田泰良(鹿島ユース)が追加点を奪った。試合前日の開催アナウンスにも関わらず、無料解放されたメインスタンドには約4000人のサポーターが集まった。

 前半に主将マークを巻いたDF安西幸輝は「キャプテンになることで集中力が増して、公式戦のようにできた。(主将マークを)譲ってくれたヤスさん(MF遠藤)に感謝したい」と話し、「鹿島が強くなるためには若手が頑張らないといけない」と気を引き締めた。先制点のDF小田は「DFとして無失点で終われたことはうれしいこと。過密日程なのでどこかで出番が来るかもしれない。しっかり結果を残せるように準備していきたい」と力を込めた。

▽鹿島前半 GK川俣慎一郎、DF小田逸稀、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝(C)、MF永木亮太、久保田和音、遠藤康、田中稔也、山口一真、FW金森健志

▽鹿島後半 GK沖悠哉、DF小田逸稀、町田浩樹(C)、MF久保田和音、田中稔也、山口一真、ユース所属5人

国内サッカー
注目トピック