【磐田】入れ替え戦で東京Vに快勝しJ1残留決めた

2018年12月8日23時41分  スポーツ報知
  • 後半35分、フリーキックから2点目のゴールを決めイレブンに祝福される磐田・田口泰士(右)(カメラ・中島 傑)

 ◆J1参入プレーオフ決定戦 磐田2―0東京V(8日・ヤマハ)

 J1とJ2のは、J1・16位の磐田がU―21日本代表FW小川航基(21)の先制PK弾など2―0でJ2・6位の東京Vに快勝し、J1残留を決めた。

 J1最終節で16位に後退して決定戦に回った磐田は、前半41分に小川航が自ら得たPKで先制。後半は田口の直接FKで加点した。プレーオフでJ2上位の大宮、横浜FCを破って勝ち上がった東京Vは敵陣深くまで攻め込む機会が少なく、11年ぶりのJ1昇格はならなかった。

国内サッカー
注目トピック