元日本代表FW・佐藤寿人、18年ぶり千葉復帰へ…兄・勇人と共闘

2018年12月17日5時0分  スポーツ報知
  • 佐藤寿人

 名古屋の元日本代表FW佐藤寿人(36)が、J2千葉へ18年ぶりに復帰することが16日、決定的になった。J1、J2通算で歴代1位216得点のストライカーは名古屋からも契約延長のオファーを受けたが、早い段階から熱烈なオファーを送っていた古巣復帰を決断したもよう。双子で兄のMF勇人とともに、2009年を最後にJ1から遠ざかっている千葉の再建に力を尽くすことになった。

 寿人は今季、名古屋でリーグ戦9試合0得点と、市原(現千葉)でプロ1年目だった00年以来のリーグ戦無得点に終わった。しかし、千葉はたぐいまれなシュートセンスに加え、高いプロ意識がチームに与える影響は大きいと今夏から獲得を模索。今季J2で14位と低迷したが、得点力だけでなく人間性にも定評があり、広島で3度のリーグ制覇と勝ち方を知るFWを加え、J1を目指すチームをつくり上げる狙いだ。

 佐藤兄弟は、かつて市原ユースから兄弟そろってトップチームに昇格。だが、寿人は2年間でわずか2ゴールと結果を残せず02年に移籍。その後、広島で日本を代表するストライカーへ成長した。日本で誰よりも点を取ってきた男が、かつて悔しさとともに去った“原点の地”に戻り、新たな戦いに挑む。

 ◆佐藤 寿人(さとう・ひさと)1982年3月12日、埼玉・春日部市生まれ。36歳。市原(現千葉)ユースから2000年にトップチーム昇格。C大阪、仙台を経て05年に広島入り。J1初優勝の12年はMVP、得点王、ベストイレブン、フェアプレー個人賞と史上初の個人4冠。13、15年にも広島でリーグ制覇。17年に名古屋に加入。J1通算161得点は磐田FW大久保(184点)に次ぐ歴代2位で、J通算216得点は1位。日本代表通算31試合4得点。170センチ、70キロ。利き足は左。

国内サッカー
注目トピック