川崎GK鄭、ヴァンズワム以来の外国人GKベストイレブン

2018年12月18日20時12分  スポーツ報知

 Jリーグアウォーズが18日、横浜アリーナで行われ、川崎GK鄭成龍(33)が外国人としては2001年の磐田GKヴァンズワム以来となるベストイレブンに輝いた。J1最少の27失点と堅守を誇った守護神は、プレゼンターを務めた元日本代表GK川口能活氏(43)から記念の盾を手渡され笑顔。今季限りで現役を引退した川口氏を、尊敬するGKに挙げており「(川口氏が)大好きです。超嬉しいです」と日本語で喜びを語った。

国内サッカー
注目トピック