【高校サッカー】尚志、PKで初決勝逃す…貫いたパスサッカーは青森山田に通じた

2019年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • PK戦の末に敗れ、号泣する尚志イレブン(カメラ・宮崎 亮太)

 ◆第97回全国高校サッカー選手権第6日 ▽準決勝 青森山田3(PK 4-2)3尚志(12日、埼玉スタジアム)

 2年ぶりの優勝を目指す青森山田(青森)と尚志(福島)による58大会ぶりの「東北対決」は、3―3からPK戦にもつれこむ大接戦となった。5本中4本を決めた青森山田が4―2で勝利し、流通経大柏(千葉)との決勝(14日14時5分、埼玉)に進んだ。尚志は初の決勝進出を逃すも、仲村浩二監督(46)は持ち味のパスサッカーを最後まで貫いた選手たちをたたえた。

 持てるものすべてを出し切った、PK戦までもつれ込む激闘だった。最後は青森山田に屈したが、「うちらしいつなぐサッカーを90分間やり通してくれた」と選手たちをねぎらった尚志・仲村監督。主将としてボランチの位置からチームを鼓舞したMF大川健(3年)は「(青森山田の)ハイプレスに対して、つないで崩していくことはできた」と振り返った。足りなかったのは、白星だけだった。

 対策も奏功した。ハットトリックを記録したFW染野唯月(2年)が前半26分に奪った先制点は、「(青森山田DF)三国の前のスペースが空くぞ、飛び込もうと話していた」(仲村監督)とFKから狙い通りの動きで奪ったもの。2アシストのMF加瀬直輝(3年)は「ハーフタイムにもっと縦にいけ、と言われて、勝負したら抜けた。どんどんいこうと思った」。J内定者2人を擁したタレント軍団に堂々と立ち向かい、互角の戦いを見せた。

 だが、同点となった3失点目は、クリアミスによるもの。大川主将が「相手は一つのミスも見逃してくれなかった」とこぼせば、指揮官も「勝つためにぶれない精神力を見習いたい」。メンタル面でのほんの少しの差が、勝敗を分けた。

 「自分たちの悔しさを見て、もっともっと成長していってほしい」と後輩たちに思いを託した大川主将。全国の大舞台で存分に見せつけた尚志のサッカーで、次こそ全国制覇を狙う。(有吉 広紀)

国内サッカー
注目トピック