イングランド、開始5分にトリッピアーFKで先制!…前半終了1―0

2018年7月12日3時49分  スポーツ報知
  • 前半5分、イングランドのトリッピアー(中央:12)の直接FKで先制点。喜ぶケイン(9)とリンガード(左)(カメラ・竜田 卓)
  • ゴールを決め喜ぶイングランドMFトリッピアー(左)とFWケイン(ロイター)

 ◆W杯ロシア大会▽準決勝 クロアチア―イングランド(11日、モスクワ)

 イングランドが開始早々のFK弾で先制。前半を1―0とリードして折り返した。

 キックオフから相手陣に攻め込んだイングランドは、MFアリがクロアチアMFモドリッチに倒されてFKを獲得。前半5分。ほぼ正面からの直接FKをMFトリッピアーが柔らかいタッチでゴール右上へ決めた。

 スコアが動いた後はクロアチアがペースを握ったが、少し下がり目になったイングランドから決定的なチャンスを作れない。逆に鋭いカウンターで脅かされる場面が生まれ、前半30分にはエースストライカーのFWケインから決定的なシュートを放たれた。GKスバシッチの好セーブで難を逃れたが、イングランドの若いチームらしからぬ老獪な試合運びにいなされた。

各国情報
注目トピック