クロアチアではかつてカズもプレー 田嶋会長息子も昨秋移籍…同国協会SNSは決勝進出に興奮

2018年7月12日11時0分  スポーツ報知
  • クロアチア・ザグレブでプレーした三浦知良(左)

 クロアチアがイングランドを下して初の決勝進出を決めた。日本はクロアチアとW杯で2度(98年フランス大会●0―1、06年ドイツ大会△0―0)、親善試合のキリン杯(97年 ○4―3)で1度の計3度対戦したことがある。

 またクロアチアでは、カズこと元日本代表FW三浦知良(51)がクロアチア・ザグレブ(現ディナモ・ザグレブ)で99年にプレーした。さらに日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)の長男のMF田嶋凜太郎(21)も昨秋からディナモ・ザグレブのセカンドチームでプレーしている。

 現在J1では、C大阪DFヨニッチ(27)と湘南MFミキッチ(38)がクロアチア出身選手としてプレーしている。

 初めての決勝進出に、クロアチアサッカー協会も興奮気味だ。試合直後には公式ツイッターに「FINALEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!」(原文ママ)と書き込んでいた。

各国情報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ