史上初3戦連続延長制し決勝進出のクロアチア、優勝したら…

2018年7月13日6時0分  スポーツ報知
  • 決勝進出を決め、ベンチから飛び出し喜ぶクロアチアのモドリッチ(中央)と決勝ゴールを決めたマンジュキッチ(奥)ら代表選手たち(カメラ・竜田 卓)
  • フランスとクロアチア比較表

 ◆W杯ロシア大会 ▽準決勝 クロアチア2―1(延長)イングランド(11日、モスクワ)

 クロアチアがイングランドとの延長にもつれた試合を2―1で制し、5度目の出場で初めて決勝へ勝ち進んだ。現地時間15日の決勝で、2度目の優勝を狙うフランスと対戦する。立ち上がりに先制されたクロアチアは後半23分にFWペリシッチ(インテル)が同点弾。延長後半4分にはFWマンジュキッチ(ユベントス)が得点し、逆転勝ちした。イングランドは1966年以来の決勝進出はならず、14日のベルギーとの3位決定戦に回る。

 ◆クロアチア優勝で達成する記録

 ▽法則継続 1930年の第1回大会から、5大会ごとに初優勝チームが誕生。第21回大会のロシアは「5大会ごと」の周期に当たる。クロアチアが優勝なら、奇妙な法則を守ることに

 ▽同国史上初の欧州&世界制覇 MFモドリッチとMFコバチッチは今季、Rマドリードで欧州CL制覇に貢献。同一年に欧州CLとW杯制覇を経験する初めての選手となる

 ◆東欧では初

 これまでW杯優勝を果たしたのは、ブラジル、ドイツ、イタリア、アルゼンチン、ウルグアイ、イングランド、フランス、スペインの8チーム。東欧ではこれまでチェコスロバキアが2度(34年イタリア大会、62年チリ大会)、ハンガリーが54年スイス大会で決勝に進出しているが、全て敗戦。クロアチアが優勝すれば、東欧では初となる。

 ◆フランス優勝なら

 ▽主将&監督で優勝なら史上2人目 98年大会でチームをまとめ上げたデシャンが、指揮官としてもW杯で優勝すれば、ベッケンバウアー氏(西ドイツ)以来。選手、監督でともに優勝は、ザガロ氏(ブラジル)も達成

 ▽史上11人目の欧州&W杯制覇 同一年にクラブで欧州CL(UEFAチャンピオンズカップ時代を含む)を制し、代表でW杯制覇を達成したのは、過去にベッケンバウアー氏ら10人。今季Rマドリードで欧州CL制覇に貢献したDFバランが達成すれば、14年ブラジル大会を制したドイツ代表MFケディラ(Rマドリード)以来、史上11人目

各国情報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ