平成最後の世界最強タッグが教えてくれたこと…金曜8時のプロレスコラム

2018世界最強タッグ決定リーグ戦を制したディラン・ジェイムス(左)とジョー・ドーリング

12月14日 08:00

 全日本プロレスの「2018世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝決定戦」が11日、東京・後楽園ホールで開催された。今年で41回の歴史を誇る年末恒例タッグの祭典は、メインイベントで行われた公式戦最終試合で、ジョー・ドーリング(36)=米国=、ディラン・ジェイムス(27)=ニュージーランド=組が、同点で並んでいた前年覇者で現世界タッグ王者の諏訪魔(42)、石川修司(43)組に勝利し、7勝3敗(14点)で初優勝を飾った。  続きを読む…

冬スポ
相撲
ボクシング
球技
格闘技
その他
注目トピック