大坂なおみ、「日本語で答えて欲しい」との質問に「英語で言わせていただきます」

2019年1月27日9時24分  スポーツ報知
  • 大坂なおみ(ロイター)

 テニスの全豪オープン女子シングルスで優勝した世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が27日、一夜明け日本の報道陣に対応した。

 会見は、日本人記者の質問を通訳を通じて英語で応答していたが、記者から「今の気持ちを日本語で表現するとしたらどんな気持ちですか」と聞かれ「日本語?」と問い返した大坂は「今の気持ちはすごく嬉しいとちょっとビックリした」と日本語で答えていた。

 また、別の記者が「クビトバ選手、左利きの選手だった。大変だったと思うんですけど対応が。まずは日本語でどれぐらい大変で難しかったかって一言、お気持ちどうでしたか」と聞かれ「英語で言わせていただきます」とした上で「今まで対戦したことのない選手でした。私にとって左利きの選手は難しいんですね。2人ともとても勝ちたいと思ってやってきましたから、とても大変な試合でした」と英語で答えていた。

 大坂は18年全米オープンに続く4大大会連続優勝。14~15年のセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来の快挙を達成した。決勝で同6位のペトラ・クビトバ(28)=チェコ=をフルセットで下し、ツアー通算3勝目で賞金410万豪ドル(約3億2000万円)を獲得。28日に発表される世界ランクで男女通じてアジア勢で初めて1位に立つ。

球技
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ