伊藤雅雪、37年ぶり米国で世界奪取!下馬評覆す大差判定3―0

2018年7月30日6時0分  スポーツ報知
  • 米国で前日計量に臨んだ伊藤雅雪
  • 日本選手の海外での世界王座奪取

 ◆プロボクシング 世界戦▽WBO世界スーパーフェザー級(58・8キロ以下)王座決定戦12回戦 ○伊藤雅雪(判定)クリストファー・ディアス●(28日、米フロリダ州キシミー、キシミー・シビック・センター)

 WBO世界スーパーフェザー級2位・伊藤雅雪(27)=伴流=が、世界初挑戦で王座獲得に成功した。23戦全勝の同級1位クリストファー・ディアス(23)=プエルトリコ=に3―0の判定勝ち。敵地での世界初挑戦で下馬評を覆した。日本人が米国で王座を奪取するのは1981年11月の三原正(三迫)以来37年ぶり。国内ジム所属の世界王者は7人となった。伊藤の戦績は24勝(12KO)1敗1分け、ディアスは23勝(15KO)1敗。(観衆2500)

 攻め続けた伊藤がボクシングの本場を認めさせた。12回を戦い抜くと胸に拳を当て、目を閉じ、耳を澄ました。「MASAYUKI ITO!」。勝者の名前がコールされ、顔をぐしゃぐしゃにして跳びはねた。「信じられないことが起きた。人生が変わった」。相手の故郷に近い完全アウェーの会場は、観衆2500人のうち日本人は50人程度しかいなかった。それでも試合前のブーイングが大歓声に変わっていた。

 打たれても打ち返した。4回。右、左と連打を浴びせ、最後は右が顎を捉えてダウンを奪った。「とにかく倒す、倒す、倒す。そう思っていた。一生忘れられないストレートになる」。中盤以降も強打をもらったが、決してひるまなかった。3―0の完勝で日本人11度目(10人目)となる海外での王座奪取。米国では37年ぶりの快挙だ。

 数年前から米ロサンゼルスで15回ほど合宿を行い、強敵とスパーリングを重ねた。「日本のきれいな選手と違う。セオリー通りじゃない」。どんな形でも倒せばいい。追い打ちをかける4、5発目のパンチを猛練習した。この日は「不安もたくさんあって試合前に一人で泣いていた」と重圧を実感。「自分で自分を信じた」と直前で恐怖心を「わくわくする気持ち」に変えてリングに上がった。

反対押し切って 競技を始めたのは大学入学前。「格闘技と縁のない家庭だった」と、けがを心配した両親に猛反対された。当初はプロテスト合格が目標だった。プロになっても父・道雄さん(65)からは「いつやめるの?」と言われた。反対を押し切ったまま、15年8月に東洋太平洋王座を獲得。結果を残すと、家族の見る目も変わってきた。「今は試合を楽しみにしてくれる」。米国まで駆けつけた家族に晴れ姿を届けた。

 強豪がひしめく階級で追われる立場になった。無敗のホープに打ち勝ち、本場の評価も上がった。「今は夢の途中。一生僕の名前が残るような相手と(試合を)したい」。強く抱きしめたチャンピオンベルトは、誰にも渡さない。

 ◆37年前の王座奪取 1981年11月7日に米ニューヨーク州ロチェスターで、シュガー・レイ・レナード(米国)が返上したWBA世界ジュニアミドル級(現スーパーウエルター級)の王座決定戦が行われ、同級1位の三原正=写真=と2位のロッキー・フラット(米国)が対戦。当時26歳の三原は4回にダウンを奪うなど、下馬評を覆す2―0の15回判定勝ち。無敗対決を制した。三原は82年2月2日(東京体育館)に同級10位のデビー・ムーアに6回KO負けで初防衛に失敗した。

 ▼生まれとサイズ 1991年1月19日、東京・江東区生まれ。27歳。身長174センチの右ボクサーファイター。本名は「雅之」
 ▼スポーツ歴 小6からバスケットボールを始め、東京・駒大高で部活に熱中。18歳からボクシングを始め、駒大1年の09年5月にプロデビュー。12年12月に全日本スーパーフェザー級新人王を獲得。15年8月に東洋太平洋同級王座獲得(3度防衛後に返上)
 ▼ジム初の世界王者 1997年に創立された伴流ジムで世界初挑戦し王座奪取
 ▼身体能力抜群 身長174センチながらバスケットのリングにぶら下がれるほどの跳躍力を持つ。好きな漫画は「スラムダンク」
 ▼俳優・竹野内豊と共演 14年に日本中央競馬会(JRA)のCMで共演。イケメンボクサーとして話題になった
 ▼家族 両親と兄、姉2人、妻、娘2人

ボクシング
注目トピック