佐川遼 世界戦経験がある松本亮に3回TKO勝ち!

2018年9月11日20時15分  スポーツ報知
  • 松本亮vs佐川遼=3回1分30秒、松本(右)にTKO勝ちをする佐川

 ◆プロボクシング ▽フェザー級(57・1キロ以下)8回戦 〇佐川遼(3回TKO)松本亮●(11日、東京・後楽園ホール)

 日本スーパーバンタム級8位の佐川遼(24)=三迫=が、元東洋太平洋スーパーフライ級王者で日本スーパーバンタム級7位・松本亮(24)=大橋=とフェザー級8回戦を行い、3回1分30秒TKO勝ちした。

 初回から積極的に攻め立て、3回に右クロスで相手こめかみにたたき込み、初ダウンを奪った。立ち上がった松本と打ち合いに持ち込み、最後はレフェリーが試合を止めた。

 リング上で絶叫した佐川は「試合が決まってからずっと緊張していて、本当は自信がなかった。そのプレッシャーが終わったと思うと一安心です」と頬を緩めた。2月の世界戦に敗れ、今回が再起戦だった松本から金星を奪い、胸を張った。

 青森北高、東農大でアマチュアボクシングで腕を磨いてきた。大学時代は国体準優勝の実績があり、卒業後一度は競技を辞めたが、三迫ジムに入門し、2016年12月にプロデビューした。現在は洋菓子チェーンの「コロンバン」で営業職を務めるサラリーマン。「右ストレートだけは自信があった。名前がある、松本選手に勝ててうれしい」と喜びに浸っていた。

 戦績は佐川が5勝(3KO)1敗、松本は21勝(19KO)3敗となった。

ボクシング
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)