森末慎二氏「前から積もりに積もったことが少し表に出た」…体操女子コーチ暴力問題

2018年8月30日6時5分  スポーツ報知
  • 森末慎二氏

 体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、自身への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)に関する会見を東京都内で開き、処分軽減を求めた。速見氏の暴力行為は認めた上で、改めて師事を表明。処分を下した日本協会の意図を「コーチと私を引き離そうとしている」と述べた。塚原千恵子・女子強化本部長(71)の関与を指摘し「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発した。

 1984年ロサンゼルス五輪体操男子の種目別鉄棒金メダリストで、本紙で評論を行っている森末慎二氏(61)が29日、宮川の会見を受け「今後、新たな証言が出てくる可能性がある」と語った。

    ×  ×  × 

 紗江は、よく勇気を出して会見を開いたと思う。小さな体操クラブに所属していた選手の多くは、協会の決定や方針の言う通りにしないといけないことも多少あったと思う。何年も前から積もりに積もっていた。それが少し表に出た。苦しい思いをしてきた選手は他にもいる。紗江の勇気ある行動を消さないために、新たな証言が出てくるはずだ。

 嫌な思いをさせられた選手のことは、他にも耳にしてきた。朝日生命を離れた選手が、ナショナルトレーニングセンターで練習していると「女子代表が練習するからどいて」と言われたり、所属していた選手も言葉の暴力を受け、メンタル的なショックで移籍してしまったと聞いたこともある。

 速見コーチの暴力については、もう一度、調べ直すことが必要だと感じる。協会側の調べではなく、冷静に一連の騒動を判断できる第三者に調査を依頼することが一番良い。ただ、一番心配なことは、紗江の今後について。18歳とまだ若く、有望な選手。ここで潰されないようにしてほしい。(談)

その他
注目トピック