速見コーチが宮川を暴行する瞬間をフジテレビが放送 坂上忍「引っぱたくレベルじゃない」

2018年9月6日12時40分  スポーツ報知
  • 速見コーチ

6日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で体操女子で2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)に暴力を振るったとして日本協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた元コーチの速見佑斗氏(34)の謝罪会見を特集した。

 番組ではフジテレビが独自に入手した速見コーチが3年前に宮川へ行った暴力行為の瞬間の映像を放送。映像は直立不動の宮川に右手でほおをビンタし次に左手でビンタしていた。この映像にMCの坂上忍(51)は「引っぱたくレベルじゃないです。平手ですから、ビンタというかもしれないですけど、表現としたら殴る方が適当だと思います」と示していた。

 また、番組では今回の映像の撮影者のコメントを紹介した。この映像は「今から3年ほど前、当時、宮川選手と速見コーチが所属していた埼玉県内の体操クラブでの練習場で撮影されたもので、撮影したのは同じクラブに通っていた関係者です。関係者によると、こうした行為は頻繁に行われていたということでコーチから抱きかかえられた状態から投げ飛ばされたこともあるということで宮川選手は暴力行為後に流血したり頭痛を訴えていたこともあります」と明かしていた。

 さらに、関係者はFNNの取材に対し昨日の速見コーチの会見をあげており「一見反省しているような態度をしているものの、暴力の詳細を語らなかったことに誠意が感じられないとしています」とし「さらにこの関係者はコーチが繰り返してきた暴力行為による指導の経緯を考えると、コーチが宮川選手から離れるという決断の方が選手ファーストであると訴えています」と示していた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)