塚原夫妻、19年6月体操協会退任へ 光男副会長が日テレ系「スッキリ」で明言 

2018年9月12日6時10分  スポーツ報知
  • 塚原光男副会長

 2016年リオ五輪体操女子代表の宮川紗江(19)からパワハラ疑惑を指摘されている、日本体操協会の塚原光男副会長(70)が11日、日テレ系「スッキリ」(月~金曜・午前8時)に弁護士を伴って生出演し、来年6月の任期満了をもって退任する意向を明らかにした。妻の千恵子強化本部長(71)も同様に退任するという。

 塚原氏は10日に開かれた協会の臨時理事会で、千恵子氏とともに、第三者委員会の調査結果が出るまで一時職務停止となったばかり。約1時間半にわたって出演し、番組司会の加藤浩次(49)らからの質問に答えた。最後には「体操協会のガバナンスはしっかり行われていると思っている。私としては今期限りで退くつもりでおります。最後の任期ですから。今後、メディアには一切出ないようにしたい。強化本部長も一緒です」と話した。

 またこの日、日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化常任委員会が都内で開かれ、一連の問題に関し、JOCが実態把握のためにヒアリングを行う可能性も検討された。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)