【箱根への道】スピードNo.1の東海大、悲願の初優勝へ

2018年9月29日15時3分  スポーツ報知
  • 東海大・関
  • 東海大・館沢

 学生3大駅伝初戦の出雲駅伝は10月8日、伊勢路を駆ける全日本大学駅伝は11月4日、来年1月2、3日には平成最後の箱根駅伝が行われる。箱根では史上3校目の5連覇を目指す青学大と、10年連続3位以内の勝負強さを誇る東洋大が一歩リード。2強を追うエリート軍団・東海大、山にダブルエースを置く法大、ゴールデンルーキーがそろう早大なども虎視眈々(たんたん)と頂点を狙う。

 悲願の初優勝へ、東海大は速さを強さに変える。屈指のスピード軍団は5000メートル13分台16人をそろえ、他の大学に追随を許さない速さを持つ。昨季も距離の短さから“超高速駅伝”と呼ばれる出雲駅伝で、青学大に1分33秒差をつけ10年ぶりの優勝。6区間中4区間で区間賞を獲得するなど絶好のスタートを切ったが、エース関颯人(3年)らをけがで欠いた箱根では総合5位と本来の勢いを見せられなかった。

 黄金世代が3年生となった今季、全体ミーティングでは両角速(もろずみ・はやし)監督(52)が「箱根駅伝で優勝を目指す」と公言した。湊谷春紀主将(4年)は「4年間で初めて監督から『優勝』という言葉を聞いて、自分もみんなも気持ちが引き締まった」とスイッチが入った。夏合宿では一切のスピード練習を行わず、泥臭く走り込んでスタミナを蓄えた。

 日本選手権1500メートル2連覇の館沢亨次をはじめ関、鬼塚翔太、阪口竜平ら3年生の能力は高い。故障などで戦力を欠いた場合も、関東インカレ1部ハーフマラソン日本人トップの湯沢舜(4年)や湊谷、Cチームから急成長を遂げた須崎乃亥(1年)らが控える。戦力は十分。その爆発力で新時代を築く。

箱根駅伝
その他
注目トピック