陸上・桐生は“NARUTO推し”「外国の選手に『NARUTOが好き』とか『ドラゴンボール見てるよ』とか触れ合うこともある」五輪の公式ショップPR

2018年9月28日11時23分  スポーツ報知
  • 東京2020オフィシャルショップ3号店のイベントに出席した桐生(左)と、パラアスリートの大西瞳

 陸上男子100メートルの日本記録保持者・桐生祥秀(22)=日本生命=が28日、東京・池袋のビックカメラ池袋本店内に設置された「東京2020オフィシャルショップ」3号店のオープニングイベントに出席した。

 「大事な場面に呼んでもらえてうれしいです」という桐生は人気漫画「NARUTO」「ドラゴンボール」など8作品のキャラクターとコラボレートした商品の1つである、ブラックのTシャツを着て登場。「NARUTOは全巻持っていて、ドラゴンボールもテレビで見ている。海外に行くと、外国の選手に『NARUTOが好き』とか『ドラゴンボール見てるよ』とか、日本の文化で触れ合うこともあるので、すごくいいなと思います」と、商品がきっかけに国際交流の輪が広がることを期待した。

 陸上の方はオフシーズンに入ったが、「(五輪まで)あと1年半くらいしかない。イメージをどんどん作り上げていきたい。今年は接地のタイミングとか、一歩一歩の出力がまだまだ十分ではなかったので、冬の間に取り組んでいきたい」と課題を掲げた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ