昨季覇者・神奈川大がエース山藤ら全日本登録メンバー13人発表

2018年10月10日20時42分  スポーツ報知
  • 山藤篤司(左)

 学生3大駅伝第2戦、全日本大学駅伝(11月4日、名古屋市~三重・伊勢市=8区間106・8キロ)に向けて、前回優勝の神奈川大が10日、登録メンバー13人を発表した。昨年はエースの鈴木健吾(現富士通)が最終8区で東海大を大逆転し、20年ぶりに優勝。今回はエースの山藤篤司(4年)、荻野太成(3年)、越川堅太(3年)、安田共貴(3年)ら前回のVメンバー4人を中心に上位を狙う。

 昨季、神奈川大は伊勢路では旋風を巻き起こしたが、箱根駅伝では13位に終わり、シード権(10位以内)を逃した。13日には箱根駅伝予選会に臨む。関東枠10の出雲駅伝(10月8日)には出場できなかったため、全日本が今季最初の大学駅伝となる。

 50回目の全日本大学駅伝は8区間106・8キロは前回までと同じだが、今回から各区間の距離が大幅に変更された。1~6区は9・5~12・8キロのスピード重視、終盤の7区は17・6キロ、8区は前回と同じく19・7キロの長丁場。「展開が読みにくい」と多くの監督が話している。

 神奈川大の登録メンバーは以下の通り。

 ▽4年

 山藤 篤司

 枝村 高輔

 多和田 涼介

 ▽3年

 荻野 太成

 越川 堅太

 森 淳喜

 安田 共貴

 ▽2年

 井手 孝一

 小笠原 峰士

 北崎 拓矢

 ▽1年

 川口 慧

 西方 大珠

 安田 響

箱根駅伝
その他
注目トピック