【箱根予選会】塩尻、日本人トップで順大2位通過!“箱根の14秒”の借り返す

2018年10月14日6時10分  スポーツ報知
  • 7キロ地点を走る順大・塩尻〈1〉ら2位集団(カメラ・生澤 英里香)

 ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)予選会(13日、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地スタート、国営昭和記念公園ゴール=21・0975キロ)

 学生長距離界のエース塩尻和也(順大4年)は1時間1分22秒と日本人学生歴代5位の好記録で2位通過に貢献。シード10校、予選会通過11校、「関東インカレ成績枠」の日大、オープン参加の関東学生連合の計23チームが来年1月2、3日の本戦に臨む。(天候・曇り、気温17度、湿度60%、北東の風2メートル)

 派手なガッツポーズは必要ない。順大・塩尻が力強く風を切ってゴールへたどり着いた。個人連覇のキサイサ(桜美林大3年)にこそ及ばなかったが、1時間1分22秒で堂々の日本人トップ。「自分でも思ってもいなかったタイムを出せた」。ハーフマラソンでは日本人学生歴代5位の好タイムに笑顔がはじけた。

 副主将の快走に引っ張られ、チームとしても10時間36分58秒で2位通過。8年連続60度目の箱根切符を手にした。前回大会では、10位の中央学院大にわずか14秒差の11位でシード権を失った。「予選会からの出場になったのは、前回の箱根で自分がいい走りをできなかったのも原因。まずは前回の借りを返したい」と、雪辱への思いを口にした。

 16年リオ五輪の3000メートル障害代表。ジャカルタ・アジア大会でも同種目で銅メダルを獲得し、実績、実力ともに文句なしの存在だが「自分の走りを頑張ることがチームのため」というマイペースな人間だった。そんな男が“箱根の14秒”で変わった。

 9月の北海道・士別合宿で、選手個々が予選会や箱根への抱負を発表し合うミーティングがあった。「メンバーになって頑張りたい」と言うチームメートに「メンバーになるだけではダメ。メンバーになって、何位で走るとか、明確な目的がなければ走れないよ」と諭すように言った。江口智耶主将(4年)は「人に何かを言うのは好きじゃないタイプだったけど、今はいろいろ言ってくれるし説得力がある」と、変身を歓迎している。

 エースとして期待され続けてきた箱根の3年間は、花の2区で5、5、10位と力を出し切れないまま。上位進出に塩尻の活躍は不可欠だ。「3年間取れていないので、個人としては区間賞を狙いたい」。その言葉には、やはり説得力があった。(太田 倫)

 ◆塩尻 和也(しおじり・かずや)

 ▽生まれ&サイズ 1996年11月8日、群馬・伊勢崎市。170センチ、54キロ

 ▽陸上歴 中学時代はソフトテニス部に所属。伊勢崎清明高入学と同時に本格的に始める

 ▽ゆるキャラ? OBで今回の解説を務めた栃木渡が発言。今夏のアジア大会では国旗をうまく持てず、ウィニングランに苦戦するなど天然ぶりを発揮

 ▽ニックネーム 入学当初は「塩さま」だったが、現在は「お塩さま」に格上げ

 ▽性格 レースでは常に強気だが、普段はおっとり

 ▽東京五輪は? 16年リオ五輪は3000メートル障害に出場。18年アジア大会も同種目で銅メダルを獲得。地元五輪で挑戦する種目は未定

 ▽自己ベスト 5000メートル13分33秒14、1万メートルは日本学生歴代4位の27分47秒87

箱根駅伝
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ