桐生、室伏塾増やし筋力強化

2018年10月28日6時10分  スポーツ報知
  • 桐生祥秀

 陸上男子100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(22)=日本生命=が27日、都内で行われた母校・東洋大主催のイベントで陸上教室を開いた。今オフは、アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治氏(44)のもとで励む筋力強化トレーニングを、例年の週1回から週2~3回に増やしている。「18年は(10秒10が最高で)タイムがよくなかった。体づくりを徐々に進めている」。土江寛裕コーチ(44)も「室伏先生に時間をとっていただけてありがたい。(桐生は)筋肉痛で、常に体中が痛いと言ってます」と明かした。

 今月7日のシカゴマラソンで、所属事務所が同じ大迫傑(27)=ナイキ=が日本新を樹立。桐生は「お互い盛り上げていこう、と話した」と活躍を励みする。来季初戦は2月の室内大会や、3月の豪州でのレースなどが候補。再度の9秒台へ、充実の冬季練習を積む。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)