桐生、土屋太鳳からバトンリレー「男としていい経験」

2018年11月24日17時45分  スポーツ報知
  • アシックスのイベントで、土屋太鳳(右)からバトンを受け取った桐生祥秀

 陸上男子100メートルの日本記録保持者・桐生祥秀(22)=日本生命=が24日、都内で行われたアシックスの陸上イベント「42195DASH!」に参加した。42・195キロを一般のランナーも含めた536人で少しずつリレーするという試みで、桐生はアンカーとして登場。女優の土屋太鳳(23)からバトンを受け、スピードに乗ってゴールした。「アドレナリンが出ちゃいました。ジョグでいいと言われたけど、近くに見ている方がいるのにタラタラ走るのは失礼。思ったより速く走った」。土屋からのリレーに「いつも男からバトンを受けるので、いつも以上にやる気が上がる。男としていい経験。楽しかった」と、目尻を下げた。

 体育会系女子としてさすがの走りを見せた土屋は「前のランナーの男の子からパワーをもらいながら、桐生選手につなげようと必死で走りました。1人オリンピック気分でした」と爽快な笑顔。壮大なリレーは、2時間14分39秒でゴールした。

その他
注目トピック