吉田香織、独走初V「狙って走った」MGC出場権獲得へ弾み

2019年2月18日6時10分  スポーツ報知
  • 女子30キロの部で優勝した吉田

 ◆第53回青梅マラソン ▽30キロの部、10キロの部(17日、東京・青梅市・日本陸連公認コース)

 メイン種目の男子30キロは一般参加の木津晶夫(25)=カネボウ=が1時間33分30秒で日本人トップの2位に入った。女子30キロは吉田香織(37)=TEAM R×L=が1時間44分28秒で初優勝。ともにボストン・マラソン(4月15日)の出場権を得た。04年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさん(40)=岩谷産業陸上部アドバイザー=がスペシャルスターターを務めた。(晴れ、気温9度、湿度32%、北北西の風3メートル=午前11時)

 よし、と納得するように、吉田はゴールテープを切った。序盤から独走態勢で他をよせつけず、圧勝。「優勝したいなと思って、狙って走った。MGCを狙う最終のチャンスに向けていい刺激になった」と、一安心の表情で語った。

 勝負の3月につなげた。「疲労困ぱいにならないようにと思って、その通りに走れた」。想定通りのフルマラソン2時間30分ペース。3月はMGCの出場権がかかる東京マラソンと、名古屋ウィメンズマラソンが控える。会心の走りに手応えを感じた。

 MGC出場権獲得の自信を持って臨んだ1月の大阪国際女子マラソンはレース中に靴ひもがほどけるアクシデントで後れ、18位に終わった。レース後1週間は落ち込んだが「青梅にエントリーして切り替えが早くできた」。気持ちをリセットして、好走につなげた。

 目指す先は自身初の五輪。「自分がトップで走っているうちは狙っていきたい」と、東京五輪を見据える。3月に出場する大会はまだ決まってないが「(五輪は)ビッグイベント。自分もその波に乗れたら」と、次なるステップに意気込んだ。(大谷 翔太)

その他
注目トピック