貴ノ岩、半年ぶり復帰戦を白星、翔猿を寄り切り

2018年3月11日14時48分  スポーツ報知
  • 寄り切りで翔猿を下した貴ノ岩(左、カメラ・石田 順平)

 ◆大相撲春場所初日(11日・エディオンアリーナ大阪)

 元横綱・日馬富士関(33)から暴行被害を受けた大相撲の西十両12枚目の貴ノ岩(28)=貴乃花=が東十両13枚目の翔猿(25)=追手風=を寄り切りで破り、半年ぶりの復帰戦を白星で飾った。

 昨年10月に元横綱・日馬富士関の暴行被害を受けて2場所連続の全休。特別救済措置で関取の地位は維持されたものの、番付は下位の十両西12枚目。7勝以上挙げないと幕下転落の危機にさらされる苦境に変わりはない。

 3場所ぶりの復帰を決意した貴ノ岩に場所前、師匠・貴乃花親方は「本人の『やらせてください』という気持ちもある。死力を尽くす思い」と話していた。一方で暴行被害を受けた問題に絡む日本相撲協会の対応に問題があったとして、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出し騒動の余波はいまだ続いている状況だ。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)