村上大介、YouTubeで現役引退発表…北京冬季五輪へ「次の4年間は難しい」

2018年6月15日0時28分  スポーツ報知
  • 14年NHK杯で優勝した村上大介

 フィギュアスケート男子の村上大介(27)が14日、YouTubeで現役引退を発表した。

 動画の中で村上は「次の4年間は難しい。若い選手が育ってきているので、ベテランとして27歳として活躍するのは難しいと思う」などと引退を決意した理由を説明した。

 日本で生まれ、家族で渡米後に10歳でスケートを始めた村上は、07―08年シーズンから所属を日本に移して競技。14年にはGPシリーズのNHK杯で初優勝した。昨年末の全日本選手権では5位に終わり、平昌五輪代表入りを逃した。

 今後については「いろいろプロジェクトもあるが、スケートコミュニティーに恩返し、手伝っていきたい」と話し、振付師やコーチなどへの転身に興味を示した。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)