デニス・テンさんと6月共演の織田信成さん、訃報に「信じられへん」…小塚崇彦さんは「気持ちの整理つかない」

2018年7月20日11時4分  スポーツ報知
  • 織田信成さん

 2014年ソチ五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テンさん(カザフスタン)が同国の最大都市アルマトイの路上で19日、刃物で刺され、25歳の若さで死亡したことを受け、2010年バンクーバー五輪代表の織田信成さん(31)は20日、自身のツイッターで「本当に本当に信じられへんし悲しいし悔しい」と悼んだ。

 織田さんは6月にカザフスタンの首都アスタナで行われたアイスショーに参加し、テンさんと共演したばかりだった。ツイッターにはショーの舞台裏で撮影したとみられるテンさんとの写真をアップ。「先月カザフスタンでのデニスのアイスショー本当に素晴らしかった。デニスもすごく満足してて喜んで、またこのメンバーでしようね!って話してたのに…本当に本当に信じられへんし悲しいし悔しい。。心よりご冥福をお祈り致します」とつづった。

 また、同じくバンクーバー五輪代表の小塚崇彦さん(29)も19日、自身のインスタグラムにテンさんとやり取りしたLINEの画像を公開。「この前LINEしたばっかじゃん…ショー呼んでくれて…ブレード届くの楽しみにしてるって…デニス嘘だろ??ちょっと気持ちの整理がつかない。。」と記した。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)