三原の今季初戦は、フリーでミスが続き2位

2018年8月13日19時46分  スポーツ報知
  • 2位だった三原

  ◆フィギュアスケート げんさんサマーカップ最終日(13日、滋賀県立アイスアリーナ)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位に立った三原舞依(18)=シスメックス=は、コレオシークエンスでつまずき、3回転ルッツ―トウループの連続ジャンプで転倒するなど、“らしくない”ミスが続き、118・03点。合計189・85点で2位だった。

 2年連続の優勝を狙った三原だったが、「久しぶりの最終滑走はうれしかった。笑顔で行こうと思ったけど、(自分の)脚の方が笑ってた(笑い)。(緊張で)膝が笑っていた」と苦笑い。フリーの曲は2季連続で映画「ミッション」より「ガブリエルのオーボエ」を選択したが衣装は薄紫色に変更。「同じ演技って思われないようにしたい。心機一転です」と話した。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)